経理の業務は会社によってルールや業務内容が違う⁉経理の仕事内容とは?

経理

 

 
経理の仕事内容や量は会社の規模によってさまざまです。
 
しかし、経理の一般的な業務内容についてはどの会社にも共通している部分があります。
 
そこで今回は、どの会社にも共通している、一般的な経理業務の内容についてお伝えいたします。
 
 
 
【そもそも経理とは?】
 
そもそも経理とはどのような業務でしょうか。
 
ここでは一般的な経理の業務についてご紹介します。
 
 
<経理とは>
 
日々の取引を計算し、複式簿記で計上し管理します。
 
金銭の出し入れを帳簿に記録し、計算に間違いがないか日々確認します。
 
日々の業務に加え、月末には月次決算、年度末には年次決算などの業務を行います。
 
 
経理は会社のお金を管理する業務ですので正確な処理が求められます。
 
また会社のルールや税法などの知識が必要です。
 
特に税法は社会情勢により変更が多いため、その都度知識を習得する必要があります。
 
 
<経理と会計の相違点>
 
会計とはお金の管理のことで経理は会計の一部になります。
 
経理の業務は会社の日常業務のとりまとめになります。
 
 
会計の担当者は 経理で計算した金額を集計し、会社の成績や資産の状況などを経営者に伝えます。
 
経理の業務の積み重ねにより経営者に伝える資料を作成します。
 
 
<経理と財務の相違点>
 
財務は経理と異なり現金や預金の残高を管理します。
 
残高が不足していないか、適正かどうかを管理します。
 
財務は経理で計上した金額のとりまとめ役と言えます。
 
 
経理で計算した結果を財務が利用し、財務が予算を計上するという流れが一般的です。
 
財務では経理で計上した金額をまとめて処理するので、経理で処理する金額よりも大きな額を取り扱います。
 
 
 
【経理の仕事の種類と流れ】
 
経理の仕事は日々、毎月、一年に一度などのサイクルで分けることができます。
 
ここでは日々や毎月、そして年度末ごとに経理の仕事の種類と流れをご説明します。
 
 
<経理の日次業務>
 
現金、預金、切手、印紙、領収書の管理などがあります。
 
計算のミスや紛失がないかなどをチェックする業務になります。
 
会社のルールに基づいて正確で細かな処理が必要です。
 
 
売上、仕入、経費の記録などがあります。
 
計上漏れがないように、担当者と連絡を密に取りながら計算のチェックをし、計上ミスを防ぎます。
 
一つの取引ごとに伝票をそれぞれ起票するので、毎日膨大な量を処理しなければなりません。
 
 
<経理の月次業務>
 
入金処理、請求書発行、延滞金確認、給与計算、社会保険料の支払、所得税・住民税の支払などがあります。
 
取引先の帳簿と金額が一致しているか確認し帳簿金額を確定させます。
 
月次業務で間違いが発見されれば、日常業務の経理業務のプロセスを検証します。
 
 
次に月次の貸借対照表と損益計算書、キャッシュフロー計算書の作成などがあります。
 
これらは経営者向けの資料となり、日次業務が計算のベースになるため日々の計算を間違えないことが重要です。
 
 
<経理の年次業務>
 
四半期、上半期、下半期、年次決算業務などを行います。
 
月次決算がベースになるため、日次業務と同様に、月次決算にも間違いがないことが求められます。
 
 
具体的な業務として年次貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書、連結決算書、税務申告などを行います。
 
年次決算は会社の一年間の成績を計上し社外への報告も必要です。
 
 
 
【経理の仕事が大変な理由】
 
経理担当者は育てることが大変で長続きせず人材不足になりがちと言われます。
 
ここでは経理の仕事が大変な理由をお伝えします。
 
 
<正確な計算が求められミスが許されない>
 
経理のミスは信用失墜など、社外に与える影響が大きいため正確な計算が求められます。
 
そのため個別の処理を一つずつ正確に計上することが必要で、業務に集中する力が必要です。
 
 
また、一つのミスがあると原因調査と金額を一致させるのに労力がかかり、後で修復できない大きな損失につながることがあります。
 
そのため小さな一つのミスも許されません。
 
また金額が一致するまで残業を強いられることがあります。
 
 
<処理量が多く専門知識が必要>
 
経理では会社の取引を個別に計算するため膨大な量を処理しなければなりません。
 
また一つの業務を終えても次々に仕事が舞い込むのが経理の特徴です。
 
 
さらに、経理の計算では複式簿記や消費税、法人税、所得税などの専門知識が必用なため、研修を利用して日々勉強しなければなりません。
 
また、会計ソフトを扱うのでパソコンのスキル・知識 も必要です。
 
 
<他部署の社員との距離感>
 
経理では正確な処理が求められるため、領収書や納品書を細かくチェックします。
 
そのため他部署の社員からは見張られているように受け止められ、心理的に距離を置かれることがあります。
 
 
そのため、普段の仕事では他部署の社員と接する機会が少なく距離を感じることがあります。
 
同じ会社でも経理は内勤の仕事が多く、他部門の社員と 話をする機会が少ないです。
 
 
 
【経理の業務と経理が大変な理由】
 
今回はそもそも経理の仕事とは何なのか、そして経理の時系列の流れについてお伝えしました。
 
経理の業務は会社のルールや税法に沿って正しく行われる必要があります。
 
また経理の業務は膨大な業務量を処理しなければならないため、経理担当者には心理的にも肉体的にも負担がかかります。
 
一つ一つの処理を正確にミスのないように業務を行う経理の仕事は大変だと言えます。
 
さらに会社の成績書である損益計算書や貸借対照表などの作成にも関わるため、経理は幅広い事務作業を行っているという認識が必要です。