月末が休日の場合の支払い

経理

 

月末が休日の場合、月末入金と月末払いの処理を
どのようにしていますでしょうか?

 

 

民法によると特に定めのない場合は、
繰り下げることとなっていますので、
支払いは週明けの1日で問題ないこととなります。

 

 

しかし、入金を受ける方としては、週末が入るからといって
入金が1日でも遅れると困る場合があります。

 

 

年末年始などは、年明けとなってしまいますので、
さらに数日遅れることとなってしまいます。

 

 

このような事態を避けるためには、契約で「月末払い」ではなく、
「月末迄払い」という表記をするようにしてください。

 

 

たった一文字ですが、この一文字が入ることによって、
月末がお休みの場合は、入金が繰り上がることとなります。

 

 

しかし、クライアントにはあまり厳しいことは
求められないという場合もあるでしょう。

 

 

このような場合は、支払いに関する契約について、
例えば「月末締めの翌月末払い」を
「月末締めの翌々月5日払い」というように
5日だけ伸ばす交渉をしてみてください。

 

 

たった5日ですが、この5日間が最悪の事態を
防ぐことができる余裕となってくれるハズです。