買掛金、未払金、未払費用の共通点は「負債」だということ

経理

この3つの勘定科目について、違いを調べてみると…

 

・買掛金=通常の商取引から発生する債務

 

・未払金=上記以外で発生する債務

 

・未払費用=費用と名前が付いていますが、

 

費用ではなく「負債」です。

 

 

この3つの科目は違いというよりも共通点が多い。

 

「返さねば」あるいは「支払わなければ」

 

いけない勘定であるということ、

 

つまり「負債」だということです。

 

そして、もう一つ!

 

これら3つの勘定科目は比較的「短期的」に支払いを

 

行わなければならないという点です。

 

資金力の弱い中小企業に限らず、大企業であっても、

 

短期の「負債」の支払いは重要な経営課題です。

 

 

では、もし資金繰りが苦しくなった場合に

 

どの勘定科目から支払うべきなのでしょうか?

 

 

こちらについて、

 

特に優先的に支払いを行わなければならない

 

といったルールはありません。

 

「支払いをしないと、経営に支障をきたすもの」からとなります。

 

 

したがって、「この部品を入手しないと商品が完成しない」など、

 

「経営に支障をきたすもの」は各社各様ですが、

 

どの会社も共通して支払いをしないと支障をきたす「負債」は、

 

ずばり『未払税金』です!

 

 

税金を支払っていないと、

 

まず銀行などに融資を受けに行くときに、

 

大きなマイナスポイントです。

 

そして、税金を滞納し続けると

 

『預金の差し押さえ』が待っています。

 

 

よく、どれ位滞納すると

 

差し押さえされるのかという質問を受けますが、

 

こちらはケースバイケースです。

 

数ヶ月の滞納で差し押さえられたケースも知っていますが、

 

まず、やっておきたいことは、税金の滞納であっても、

 

税務署等に支払いができない経緯を話すことです。

 

 

『税金だから、どうせ話をしても一緒でしょう?』

 

と思わずに、まず経緯を連絡する。

 

『無視は一番良くない』

 

国民の義務とはいえ、税金を徴収するのも人ですから、

 

話をすることで解決するケースもよくあるのです。