忘年会費用は交際費、福利厚生費。どちらに計上した方が得?

会計

今年も残すところあとわずか、

 

12月になると得意先や経営者仲間、

 

そして、職場従業員との忘年会のシーズンです。

 

 

私は会の費用は会社の経費で、

 

精算することが多いのですが、

 

そんな時に顧問税理士に

 

『会社のお金で精算する場合には

 

交際費と福利厚生費の違いに

 

留意してください』と言われました。

 

 

お酒の席にかかる経費で取り扱いが違うのだと。

 

たとえば、会社全体で行う忘年会の費用は、

 

社員の慰安等の意味合いがあるため、

 

『福利厚生費』となるのだと。

 

 

しかし、特定の役員だけでの飲み会や、

 

お客様の接待を兼ねた忘年会などは

 

基本的には『交際費』になるそうです。

 

 

税金の計算ではどちらが得なのかというと

 

福利厚生費は全額経費

 

→全額節税効果があるのに対して、

 

現行の制度では交際費は年600万の90%まで、

 

節税効果があるとのこと。

 

 

たとえば、年500万円の交際費だとすると

 

450万円までは節税効果があるが50万円部分は、

 

税金の対象となってしまうのだとか。

 

 

10%をどう考えるかということです。

 

ただし、顧問税理士の話には続きがありました。

 

 

『平成26年4月から開始する年度では、

 

交際費は年800万円までは全額節税効果が

 

あるように改正される』とのこと。

 

 

ということは、年800万円までであれば、

 

実質は福利厚生費だろうが交際費だろうが、

 

全額節税効果があると言うことです。

 

 

私は「これで、心おきなく、会社のお金で、

 

お酒が飲める」と心のなかで、

 

ガッツポーズを取ったのですが。

 

 

私のニンマリした笑顔を悟った顧問税理士が、

 

『交際費で年800万円までは節税効果があるといっても、

 

税金を払うのか、それとも忘年会費用を居酒屋に払うのか。

 

お金が外に出て行くという意味では一緒ですから、

 

暴飲暴食で散財するのは資金繰りが悪化するので、

 

ご注意くださいね!』とくぎを刺されました。